恋愛・結婚

仕事の愚痴を彼氏にこぼしたらケンカになってしまったカップル

仕事の愚痴を彼氏にこぼすのはNG?愚痴に関する男女の違いを解説

仕事の愚痴を彼氏に話して、逆にモヤモヤしたことはありませんか?

「ただ愚痴を聞いてほしい」
「私を肯定してほしい」
などと思うなら、彼氏に愚痴をこぼすことは、あまりオススメできません。

なぜなら、「愚痴」の捉え方には男女で大きな違いがあるからです。

女性にとって愚痴は、「ただ聞いてほしい」「共感してほしい」もの。話すだけ話してスッキリすることが、大半の目的です。

一方、男性は愚痴を「相談」と捉えます。彼女のために解決策を提案したくなるのが、男性心理です。

しかし、ただ共感してほしい女性は彼氏の正論にモヤモヤ……。

解決したい男性にとっては、文句ばかりで現状を何も変える気がない彼女の姿勢にイライラ……。

このように、仕事の愚痴ひとつで彼氏との関係がぎくしゃくすることも少なくありません。だからこそ、彼氏に愚痴をこぼすことはオススメできないのです。

とはいえ、わざわざ電話したりLINEを送ったりしてまで友達に愚痴を聞いてもらうのは、何となく気が引けるもの。

では、どうすれば心にたまったイライラをスッキリさせられるのでしょうか?

オススメなのは、ひとりで発散する方法です。

たとえば、「書く」のは効果的な方法ですね。ブログやSNSの鍵アカウント、日記や手帳などに愚痴を書きなぐってみましょう。

書いて気持ちを吐き出すことには心のデトックス効果もありますので、日々の習慣にするだけで心が疲れることを防げるかもしれません。

「聞いてほしい」「肯定してほしい」という思いが強い場合は、第三者への相談サービスを利用するのもオススメの方法です。

オンライン上には愚痴を聞いてくれる専門の窓口があるほど、現代人にとって相談サービスは身近な存在となってきました。オンラインの相談ルームなら、電話やメールといった好きな相談方法を選べます。

また、匿名で相談できるのもオンライン相談の魅力ですね。

自分の打ち明けやすい方法・環境で愚痴をこぼせるだけでなく、絶対に相手があなたの意見を否定しないとなれば、相談することにデメリットがありません。

オンライン相談サービスを使って愚痴を聞いてもらいスッキリした女性

不満やイライラをため込むと、知らぬ間に心が疲れてしまいます。誰かに聞いてほしい愚痴があるのに誰にも話せないという状況は、心にも体にも良くありません。

とくに女性は、話すことでストレスを発散したり気持ちを整理したりするため、気持ちを吐き出す場所が必要です。

ただ、男性とは愚痴に対する捉え方が違いますので、愚痴を彼氏に「ただ聞いてもらう」のは難しいでしょう。

愚痴をこぼさなくてもよい状況に向かうのが一番ではあるものの、やはり「がんばったね」の一言が欲しいときもあります。

そんな気持ちをどうしていいか分からなくなったときは、ぜひオンライン相談サービスの利用も視野に入れてみてくださいね。