カウンセリング関連

有料の悩み相談でしか得られないメリットがあるよと示す女性

悩み相談を有料で?なぜ?無料相談では得られないメリットを3つ紹介

「相談したい悩みはあるものの、有料と聞くとやっぱりためらってしまう…」無料で相談できる場所があるだけに、そう考える人も多いことでしょう。

しかし、有料の相談には有料だからこそ得られるメリットがあります。

たとえば、カウンセラーがどのような人物かを事前に知れることは有料相談ならではのメリットです。

無料で受けられる悩み相談の多くは、窓口の電話番号のみが記載されていて、電話をかけてみるまでは誰が話を聞いてくれるのか分かりません。

一方、有料の相談ルームでは、カウンセラーの自己紹介文やブログを公開しているケースがほとんど。

信頼できる相手だと思えた場合にのみ相談できることは、有料相談の大きなメリットです。複数のカウンセラーが在籍しているルームなら、相談するカウンセラーも指名できます。

自分で選んだ相談相手なら信頼して相談できますし、安心感も得られるでしょう。

さらに、相談する相手を自分で選べるからこそ、「またあの人に話を聞いてもらいたい!」と思ったときにも困りません。同じ相手に継続して相談できるのも、うれしいメリットですね。

有料相談のメリットとしてもう1つ考えられるのは、有料だからこそ遠慮なく相談できることです。

おそらく、多くの方は家族や友人が相手なら気兼ねなく相談できますよね。では、知人や顔見知り程度の相手に相談する場合は、どうでしょう?

「忙しそうだし、わざわざ時間を作ってもらうのは悪いな…」

相談に乗ってもらうことに対して、こんな風に申し訳なく思う人もいるのではないでしょうか。

そんな気持ちが負い目となり、

  • 「早めに切り上げなきゃ」
  • 「何回も相談するのは悪いな」
  • 「何かお礼しなきゃ」

などと思ってしまうことも、少なからずあるものです。

一方、有料相談の場合はお金を払ってサービスを利用している立場ですから、あらかじめ自分で相談時間を決めた上で思う存分に相談できますし、負い目を感じる必要がありません。

同様に、友達や知人に相談する場合は相手の都合を考えて相談する日時を選ぶ必要がありますが、有料相談では自分の都合だけで相談日時を決められます。

そして、3つ目のメリットが好きな方法で相談に乗ってもらえること

無料で受けられる悩み相談の多くは、相談方法が電話対応のみ、もしくはLINEチャットのみ、といったケースが多いです。

それに対して、有料の相談サービスでは、電話やLINE、メールといった複数の選択肢からお好みの方法を選べます。

ただ、有料のサービスを提供している相談ルームは病院ではありませんし、カウンセラーも医師ではありません。そのため、利用料金は保険適用外となり、相談先によって価格帯もさまざまです。

そう考えると、緊急性の高い(生死に関わる悩みを抱えている)場合や治療が必要な場合などは、公共の無料相談窓口を利用するのが適切だと考えられます。

また、未成年者の相談先としても、無料の相談窓口はオススメですね。

反対に、生死には関わらない悩みを抱えた場合や、相談する相手が誰でもいいワケではない場合などは、有料のサービスだからこそ、遠慮なく、思う存分に相談できるのではないでしょうか。

あまやどりでは、毎月3名さま限定でモニターを募集しております。有料の悩み相談を安い価格で試してみたい方は、ぜひご検討くださいませ。