自分の強みが分からない

「とりあえずプロフィールやポートフォリオは作ったけど、正直どんなことを書けばいいか分からない……」そんな風に思っていませんか? ライターさんの中には、自分の強みを自覚できていない人がたくさんいます。

こんなお悩み抱えていませんか?

  • 自分のアピールポイントが分からない
  • 私には強みと呼べるものがない
  • プロフィールや実績に自信がない
  • 何を強みに活動すべきか迷う

選ばれるライターには自信がある

実力がどうであれ、長く活躍できるフリーライターには必ずといって自信があります。反対にいえば、自信のないライターほど活躍の場をウマく見つけられません。

では自信のあるライターと自信のないライターの違いとは一体、何なのでしょうか?

答えは単純です。

自分の強みを知っているかどうか。それだけです。

あなたもまずは自分の強みを知り、自分の魅力を認めてあげてください。あなたが自分で自分を認められるようになれば、そこから仕事は急激に楽しくなります。

ですからまずは、とにかく自分の強みを探してみてほしいのです。

過去の自分から強みを探ろう

自分の強みを知るには、過去を見つめ直す必要があります。

あなたの得意なことは何ですか?

「周りは面倒だと言うけど私は全然そんな風に思わない」と思うことはありませんか?

昔から変わらず今でも大好きで、時間を忘れて没頭してしまうものはありませんか?

これまでで最も苦労したこと、もしくは最も時間がかかったことは何ですか?

こういったことを1つずつ考えていると、意外なことが自分の強みだと知れるものです。

「1人で考えていても全く分からない!」という人は、ぜひ一度ご相談ください。あなたの強みを1つでも多く発見できるよう、一緒に考えてみましょう。

オススメのプラン

自分の強みを知りたいライターさんには、こちらのプランがオススメです。


※ワークショップは不定期開催です

他のライターさんからも話を聞きたいと思う人は、こちらのプランもご検討ください。

いずれのプランも、あなたの現状目指したい方向性に合わせてご相談していただけます。ぜひお気軽にご利用ください。

ブランディング・営業

  1. 仕事を獲得できない

    「営業しても無視される」「提案が全く通らない」そんなお悩みを抱えていませんか? フリーライターにとって、仕事を獲得できないことは死…

  2. 自分の強みが分からない

    「とりあえずプロフィールやポートフォリオは作ったけど、正直どんなことを書けばいいか分からない……」そんな風に思っていませんか? ラ…

テキストのコピーはできません。