自分はHSP? 自己判断に使える「HSPが持つ4つの特性」

たけなわ アヤコ よくあるお悩み

こんにちは。あまやどりのカウンセラー、たけなわアヤコ( @ATakenawa)です。

今回は自分がHSPなのかどうかを決めあぐねている方に向けて、HSPの基礎知識をお届けします。

さまざまなHSPあるあるが飛び交う昨今。しかし、今も昔もHSPかどうかを判断するポイントは、これから紹介する4つの特性(※)をすべて持っているか否かです。

(※)HSPという言葉の生みの親である「エレイン・アーロン博士」による定説

特性1:考え方が複雑かつ、深く考えてから行動する

1つ目の特性は、「考え方が複雑かつ、深く考えてから行動する」ということ。

たとえば、1を聞いて10を想像することにHSPは長けています。誰かのちょっとした発言に対して、よくも悪くも深読みしがちですし、なおかつそれは的外れでなく経験から熟考されたものです。

特性2:刺激に敏感で疲れやすい

2つ目の特性は、「刺激に敏感で疲れやすい」ということ。

HSPは刺激をダイレクトに受けやすいことから、好き嫌いに関わらず、疲れやすい傾向にあります。

たとえば、自分から好んで行った遊びの場でも、その場がどんなに楽しくても、気づけば異常なほどに疲れていたり……。そのため多くのHSPは「普通の人より自分は弱い」と劣等感を抱えがちでもあります。

特性3:人の気持ちに振り回されやすく、共感しやすい

3つ目の特性は、「人の気持ちに振り回されやすく、共感しやすい」ということ。

HSPは自分と他人との境界が曖昧といった特徴があります。そのため、他人の感情が流れ込みやすく、自分が怒られている訳でなくても怒っている人がそばにいるだけで過度に怯えたり、悲しんでいる人がそばにいるだけで自分も悲しくなったりします。

また、感情移入しやすいことから、読書や映画鑑賞はもちろん、ニュースを見るだけでも心を動かされすぎて疲れてしまいます。

特性4:あらゆる感覚がするどい

4つ目の特性は、「あらゆる感覚がするどい」ということ。

HSPは視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚といった五感がとてもするどいです。

それはときにメリットとなることもありますが、特定の音がどうしても気になる、物がたくさんあると情報が流れ込みすぎて辛い、添加物ですぐお腹を壊す、衣服の肌触りが気になって眠れないなど、生きづらさにつながることもあります。

すべての特性に当てはまればHSP

これら4つの特性すべてに当てはまっている人がHSPです。

逆にいえば、1つでも当てはまらないものがあるようであればHSPではありません。

「自分はHSPなのかな?」「あの人はもしかしてHSP?」と疑問に思ったときは、今回紹介したアーロン博士の定説を元に考えてみてくださいね。

※当記事は以下のリンクより音声でも確認可能です。「相談前にたけなわアヤコがどんな人物なのかを少しでも知りたい!」という方は、ぜひこちらもお聞きください。

たけなわ アヤコ

生まれつき敏感ゆえに生きづらさを感じやすいHSPさん(周りにHSPやHSCがいる方もぜひ)と、ライター初心者さんからのご相談をメインに承っています。当事者以外には理解されにくい悩みから、友人・恋人・家族には話しづらい悩みまで、お気軽にご相談ください。
経験から学んだ「耐えることは美徳じゃない」「逃げることはひとつの選択肢であり、悪いことじゃない」がモットー。ご相談者さまが楽になることを最優先に考え、サポートします。

関連記事

テキストのコピーはできません。